本文へ移動

【日本ハム】長谷川凌汰投手と支配下選手契約 背番号「43」 BCリーグ・新潟から19年育成3位で入団

2021年3月16日 15時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
今年の1軍名護キャンプで投球練習する日本ハム・長谷川凌汰

今年の1軍名護キャンプで投球練習する日本ハム・長谷川凌汰

 日本ハムは16日、育成選手の右腕・長谷川凌汰投手(25)と支配下選手契約を結んだと発表した。背番号はこれまでの「113」から「43」に変更となる。
 福井県越前市出身で、188センチの長身から繰り出す直球とフォークが武器の長谷川は、福井商高から龍谷大に進み、BCリーグ・新潟を経て2019年育成ドラフトで3位指名されて日本ハムに入団。1年目の昨季はイースタン・リーグで30試合に登板し、3勝2敗1セーブ、防御率3・67という成績を残した。
 今季は育成選手の中で唯一、1軍名護キャンプのメンバーに選ばれ、沖縄で行われた練習試合は2月16日の中日戦(アグレ北谷)など2試合にリリーフとして登板。オープン戦でも4日の西武戦(札幌ドーム)と7日の巨人戦(札幌ドーム)のマウンドに上がって、アピールを続けていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ