本文へ移動

私たちの夢、プレーボール 名古屋・啓明学館高に女子硬式野球部

2021年3月16日 16時00分 (3月16日 21時21分更新)
練習する啓明学館高女子硬式野球同好会のメンバー=愛知県あま市で

練習する啓明学館高女子硬式野球同好会のメンバー=愛知県あま市で

 女子校の啓明学館高校(名古屋市西区)に昨年誕生した女子硬式野球同好会が四月、正式な硬式野球部として生まれ変わることになった。所属生徒は現在四人だが、四月に新入生が十人近く加わる予定で、女子野球の全国大会に出場できる部員数十一人に達する。「野球が大好き。早く試合に出たい」と目を輝かせながら練習に励む選手たち。プロ野球の開幕を間近に控える中、彼女たちにも、待ちに待った球春が訪れようとしている。 (大野雄一郎)
 「ナイスボール、よし!」。愛知県あま市にある同校の専用グラウンド。よく晴れた二月下旬の休日、選手たちの掛け声が響き渡った。内野ノックでは、難しい打球にも必死で追いつき、エラーが出ても笑顔で励まし合う。二年の武藤菜奈加さん(17)は「人数が少ない分、部員同士でたくさん話せるし、冗談も言い合える。練習が楽しいです」と話した。
 部の発足は、同校の教員でもある小坂知勢監督(24)の念願だ。自身も野球経験者で、中京大時代にはプロ野球中日ドラゴンズの打撃練習に捕手としてチームに同行。あらためて野球の面白さに触れた経験から、社会科の教諭として同校で教壇に立つようになり、「女子野球で学校を盛り上げ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報