本文へ移動

終末期患者の緩和ケア病院 4月開院 鈴鹿医療科学大

2021年3月16日 05時00分 (3月16日 12時21分更新)
4月1日に開院する鈴鹿医療科学大付属桜の森病院=鈴鹿市南玉垣町で

4月1日に開院する鈴鹿医療科学大付属桜の森病院=鈴鹿市南玉垣町で

  • 4月1日に開院する鈴鹿医療科学大付属桜の森病院=鈴鹿市南玉垣町で
  • 患者の家族が泊まりがけで待機できる家族宿泊室=鈴鹿市南玉垣町で
 鈴鹿医療科学大(鈴鹿市岸岡町)が白子キャンパス(同市南玉垣町)に、終末期の患者を受け入れる緩和ケア病院「桜の森病院」を建設し、四月に開院する。緩和ケアに特化した病院は全国で七カ所目だが、大学付属としては初めて。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧