本文へ移動

収入不足で水族館指定管理料、6億4000万円を計上 名港管理組合

2021年3月16日 05時00分 (3月16日 10時51分更新)
 名古屋港管理組合は十五日、二〇二一年度一般会計当初予算案を発表した。総額は前年度比3・2%減の三百七十二億八千万円。新型コロナウイルスの影響で入館者の減少が続く名古屋港水族館(名古屋市港区)の収入不足を補うため、指定管理料として六億四千万円を計上した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧