本文へ移動

「令和の怪物」佐々木朗希、2度目の登板は21日DeNA戦 初の先発で2回予定【ロッテ】

2021年3月16日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッテ・佐々木朗

ロッテ・佐々木朗

 「令和の怪物」の異名を取るロッテの2年目右腕、佐々木朗希投手(19)の実戦2度目の登板が、21日に横浜スタジアムで行われるDeNAとのオープン戦に内定した。初の先発で2イニングを予定している。この試合はチームのオープン戦最終戦となる。
 12日に本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われた中日とのオープン戦で実戦初登板し、中継ぎで1イニングを投げて1奪三振を含む三者凡退に抑えた。球数は12球で、ストレートの最速は153キロを計測した。
 井口監督は13日に報道陣の代表取材に応じた際には「週末になると思う。2イニングいけたらいいなという思い」と話していた。
 球団の計画では、佐々木朗は開幕は2軍でスタート。球数やイニング数を増やしながら実戦で経験を積み、1軍デビューを目指す。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ