本文へ移動

増山城の登城認定証 新調 きょうから砺波市 割引特典も導入

2021年3月16日 05時00分 (3月16日 10時08分更新)
新しい増山城の登城認定証(右が表、左が裏)

新しい増山城の登城認定証(右が表、左が裏)

 砺波市は増山城の登城認定証を新調し、十六日から市埋蔵文化財センター(頼成)で配布を始める。認定証を地元の店で示すと割引サービスなどを受けられる仕組みを新たに導入し、周辺店の活性化も目指す。
 新しい認定証は手形風で縦九センチ、横六センチ。デザインを一新し、裏に「増山城跡を見事攻略されました」などと記されている。センターに行き、城内で撮影した写真を見せれば無料でもらえる。センターで発行日と発行ナンバーを記入する。二万枚を印刷した。
 割引サービスをするのは市のホームページに掲載された八店。そば店が認定証を示したお客にドリンクを提供するなど、各店が特典を用意する。
 増山城は越中三大山城の一つで、増山城跡は国史跡。日本城郭協会の続日本百名城にも選ばれ、年間数千人が訪れる人気の観光スポット。市は二〇一六年に訪問記念品として認定証を作り、これまでに二千百枚以上を配布した。
 担当者は「増山城を訪れる人を増やし、地域の活性化にもつなげたい」と話した。市は今後、協力店を増やす。センターは月曜休館。(松村裕子)

関連キーワード

PR情報