本文へ移動

『ファンモン』ファンキー加藤とモン吉の2人で活動再開 表記も“微変更”「FUNKY MONKEY BΛBY’S」に

2021年3月16日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ファンキー加藤(左)とモン吉

ファンキー加藤(左)とモン吉

 2013年に解散した音楽グループ「FUNKY MONKEY BABYS」が、ファンキー加藤(42)とモン吉(42)の2人で「FUNKY MONKEY BΛBY’S」(ファンキーモンキーベイビーズ)の表記に変更して活動を再開することが15日、発表された。
 11日放送のTBS系「音楽の日」の生出演で8年ぶり一夜限りの復活をした“ファンモン”。グループは04年に結成され、12年にメンバーのDJケミカル(38)が、実家の寺の住職を継ぐため13年に解散した。
 音楽番組の出演にあたり、メンバー3人でのリハーサルを重ねていく中、ファンキー加藤とモン吉の2人でも一緒に歌っていきたい思いが強くなり、「FUNKY MONKEY BABYS」を歌いつないでいく決断をしたという。
 活動再開にあたり、グループ名は初心に帰る意味を含め、DJケミカル加入前に使用していた表記から画数の良い表記に変更した。
 ファンキー加藤は「心の奥のほうにずっとしまい込んでいた大切な思い出が、3月11日に解き放たれて、現在進行形の強い想いとなりました。もう隠しません。そのまま、自分の気持ちのまま、モン吉と2人で歌ってみようと思います。引き続きよろしくお願い致します」とコメント。モン吉は「ファンちゃんとファンキーモンキーベイビーズを始められる喜びと、ケミちゃんが後ろにいない寂しさとで、なんだか不思議な気持ちというのが正直なところです」とし、「新しいDJはこれから考えていけたらな~っと思ってます」。
 一方、DJケミカルは「僕のことを気にかけて2人で歌っていくことをちゅうちょしていたと思いますが、ぜひファンモンの歌で日本中、世界中に前向きな力を与えてほしい」と応援している。 

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ