本文へ移動

【DeNA】育成で入団の前巨人・宮国「支配下へはい上がりたい…打倒ジャイアンツという気持ちで」

2021年3月15日 14時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNA入団会見しポーズをとる宮国(球団提供)

DeNA入団会見しポーズをとる宮国(球団提供)

 DeNAは15日、巨人を自由契約になっていた宮国椋丞投手(28)と育成契約を結ぶことを発表。横浜市の球団事務所で記者会見を開いた。
 宮国はオンラインで会見し、「大変うれしいし球団に感謝している。ベイスターズはファンとチームが一体になって勝っている印象。スタジアムのマウンドで投げて勝利に貢献したい」と笑顔。オフは1人で走っていることが多く、野球を続けられるか不安だったという。
 育成での契約になるが支配下登録への思いは「そこは強く思っていますし、ここからはい上がりたい」とキッパリ。古巣に対しても「打倒ジャイアンツという気持ちでやっていきたい」と強い決意を示した。 
 あいさつを受けた三浦監督は育成からはい上がるという気持ちを高く評価。「そこはチームに大きな力になる」と期待していた。
 宮国は沖縄県出身で糸満高から2011年巨人にドラフト2位で入団。205試合に登板し通算21勝21敗。背番号は106。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ