本文へ移動

瀬古利彦リーダー東京五輪マラソン補欠順は「7月の最終エントリーまで見て最高の人を出す」

2021年3月14日 21時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋ウィメンズマラソンで優勝した松田瑞生

名古屋ウィメンズマラソンで優勝した松田瑞生

  • 名古屋ウィメンズマラソンで優勝した松田瑞生
  • 名古屋ウィメンズマラソンで18位に終わった小原怜
 日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは14日、名古屋ウィメンズマラソン後の記者会見で、東京五輪のマラソンで補欠選手に選ばれている小原怜と松田瑞生のエントリー順について言及。「まだ順番は決めていない。7月の最終エントリーまで選手の調子を見て、最高の人を出すのがわれわれの使命なので」と直前の状態を見て決定する方針を明かした。さらに「3人の代表枠から1人でも欠員が出る事態は避けたい。(補欠選手も)いつ変わってもいいという気持ちで、7月まで緊張感を持ってやってほしい」と続け、五輪代表と変わらぬ心構えで本番に向かうことを2人に求めた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ