本文へ移動

先場所優勝の大栄翔は白鵬に完敗 珍しくリモート取材に応じず引き揚げる【大相撲】

2021年3月14日 20時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
白鵬(奥)は寄り倒しで大栄翔を下す

白鵬(奥)は寄り倒しで大栄翔を下す

◇14日 大相撲春場所初日(両国国技館)
 横綱の前に完敗だった。なすすべなかった。先場所初優勝した小結大栄翔(27)だが、白鵬の前に何もできずに土俵を割った。
 生命線の立ち合い。鋭い踏み込みから突いていきたいところだったが、張りで勢いを止められた。左から差され、もう前に出ることなどできなかった。押し込まれるだけだった。
 取組が決まると、「本当に思いきり向かっていく気持ちでいくだけです」と意気込んでいたが、よもやの完敗。珍しくリモート取材に応じずに引き揚げた。
 八角理事長は「自分のことしか考えていなかった部分がある。自分のいい立ち合いをするんだと、相手のことをまだ見られないから。その辺の違いじゃないですかね」と口にした。
 当然、今場所は優勝力士として警戒もされる。先場所のようにいかないのは重々承知だろう。まずは早く初日を出したい。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ