本文へ移動

【ドラ番記者】何ともかわいらしい「リモートワーク」だった。昨年12月にドラ番になって以来…(志村拓)

2021年3月14日 09時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
バンテリンドームナゴヤでの勢ぞろいが待ち遠しい

バンテリンドームナゴヤでの勢ぞろいが待ち遠しい

 何ともかわいらしい「リモートワーク」だった。昨年12月にドラ番になって以来、バンテリンドームナゴヤで初めて目にしたマスコットたち。コロナ禍に対応した粋な工夫が、目に入った。
 それはフル出場中の人気者ドアラ…でなく、シャオロンとパオロンのコンビ。球団によると、オープン戦の間は交代勤務という。単独のパフォーマンスを見ていると、尻尾に飾りのような物が。「106ビジョン」に映し出されたのは、不在の相方のイラストだった。
 担当者は「狙ったわけではないですがマスコットも、コロナ対策をしているというメッセージになれば」。勢ぞろいは、本拠地開幕戦となる3月30日の巨人戦。それまでは、球団のユーチューブ公式チャンネルの3匹の登場する動画が、癒やしの時間を届けてくれそうだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ