本文へ移動

女性騎手・古川奈穂 デビュー12戦目で喜びの初勝利「格別です」再開した有観客レースで雄姿【阪神競馬】

2021年3月13日 18時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神6R、バスラットレオンで初勝利を挙げた古川奈穂(中)。祝福する西村淳(左)、矢作芳人調教師(右)。ボードを持つ池添

阪神6R、バスラットレオンで初勝利を挙げた古川奈穂(中)。祝福する西村淳(左)、矢作芳人調教師(右)。ボードを持つ池添

 13日の阪神競馬6Rで、5年ぶりのJRA女性騎手としてデビューした古川奈穂騎手(20)=栗東・矢作=が、1番人気のバスラットレオンに騎乗して勝ち、デビュー12戦目にして初勝利を挙げた。通算51戦目で初勝利を挙げた藤田菜七子を大きく上回るスピード記録となった。
 好スタートから二の脚を利かせてハナに立つと、そのままリードを保って、2着馬に2馬身半差をつけ、先頭でゴールに飛び込んだ。今週から阪神競馬場ではファンの入場を再開。さわやかな笑顔で引き揚げてきた新人女性ジョッキーに温かい拍手がわき起こった。古川は「1着は格別です。拍手も聞こえました。今までお客さんの前で競馬したことがなかったですし、パドックからお客さんが見えていました。力のある馬で人気に応えられて良かったです」とホッとした様子で笑顔が絶えなかった。
 見届けた師匠の矢作師は「本当に緊張した。コントレイルのG1並みに疲れた。自信を持って乗れ、相手を気にせずに。というのが自然とハナという形になったのだろう。ペースを落とし過ぎず、上手に乗ったと思う」と合格点を与えていた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ