本文へ移動

「自主退学 心残りない」藤井聡太王位独占インタビュー

2021年3月13日 05時00分 (3月13日 13時54分更新)
藤井聡太王位

藤井聡太王位

 小中学生が腕を競う「第四回名古屋城こども王位戦」(名古屋市、中日新聞社など主催)が、一月から二月にかけて名古屋市で開催された。中学生でプロになった藤井聡太王位(18)=棋聖と合わせ二冠、愛知県瀬戸市=の活躍を機に始まり、共に歩んできた大会だ。藤井王位は、表彰式に先立ち、本紙の独占インタビューに応じた。世間を驚かせた一月末の高校自主退学などについて、胸の内を明かした。 (岡村淳司)
 「もともと高校進学を決めた時から、状況を見て判断しようと思ってました」。突然に見えた退学も、早くから想定内だったという。新型コロナウイルス感染拡大による休校明けが、タイトル戦などの重要対局ラッシュと重なり、通学できなくなった。学校側は追試などで柔軟に対応する構えだったが、卒業条件をクリアするのが不可能な状況になった。
 卒業資格を得るために留年や通信制への編入を選ぶ道もあったが、迷いはなかった。「高校に二年間通い、棋士だけでは経験できないことをいろいろできた。だから卒業自体にこだわる必要もないのかなと。経験が生きる場面は、あると思います」
 有名になりすぎ、普通の学生生活が送れなかった。悔いはなかったのだろうか。「心残りはないです。学校でも皆変わらずに接してくれて。本当にすごく感謝してます」。深夜まで遠方で対局し、翌日遅刻して出席したこともしょっちゅう。「学校側にとって、自分はかなりレアなケースだったと思いますが、本当にいろいろ理解して協力してくださった。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報