本文へ移動

【ドラ番記者】記者は東日本大震災発生直後の現地に入った。町はがれきの山。足元には…(土屋善文)

2021年3月13日 10時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回表無死、京田(左)を一ゴロに打ち取ったロッテ・佐々木朗=12日

6回表無死、京田(左)を一ゴロに打ち取ったロッテ・佐々木朗=12日

 記者は東日本大震災発生直後の現地に入った。町はがれきの山。足元には割れた茶わん、水浸しの衣類、アルバム…。誰かの生活を彩っていた品々がどこまでも散乱していた。そしてブルーシートにくるまれた遺体が収容される風景があちこちに広がっていた。
 いつの日かの避難所も思い出す。グラウンドで小学生たちが野球のまね事をしていた。道具はすべて津波で流された。それでも紙を丸めて木の棒で打って即席のルールで遊んでいた。没頭している彼らの表情は、一瞬だけでも現実を忘れているかのようだった。
 あの日から10年と1日。岩手・大船渡高出身のロッテ佐々木朗がついに実戦デビューした。あのときの子どもたちもきっとどこかで大人になっていることだろう。記者席からマウンドを見て、そんなことを思った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ