本文へ移動

<プレーバック>2010年12月6日 町のマスコットキャラ「はるちゃん」誕生

2021年3月13日 05時00分 (3月13日 11時12分更新)
はるちゃん(左)と生みの親の沢田さん=大治町役場で

はるちゃん(左)と生みの親の沢田さん=大治町役場で

  • はるちゃん(左)と生みの親の沢田さん=大治町役場で
  • 沢田さんが応募し、採用されたキャラクターの原案図=大治町提供
 頭に赤ジソをあしらった姿がトレードマーク。関連グッズが10種類以上販売され、ご当地キャラクターとして海部地区屈指の人気を誇るのが大治町の「はるちゃん」だ。約10年前に318件の応募の中から、当時小学4年生の女の子のデザインが採用された。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報