本文へ移動

ジャニーズ退所後初作品の少年隊・錦織一清 稽古中ギャグ連発に主演の前川優希「グサグサ刺さった笑」

2021年3月13日 13時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォトセッションに収まる主演の前川優希(左)と演出の錦織一清

フォトセッションに収まる主演の前川優希(左)と演出の錦織一清

 俳優の前川優希(23)が12日、東京・渋谷のCBGKシブゲキ!!で主演舞台「シャイニングモンスター」の公開稽古を行った。
 累計870万部を突破した畠中恵さんの人気時代小説シリーズ「しゃばけ」を原作に、江戸有数の薬種問屋で働く病弱な若だんな・一太郎(前川)が、妖(あやかし)たちの力を借りて猟奇的な殺人事件の解決に挑む。「Shining編」と「Shadow編」の2つの物語を交互に上演していく。
 演出を手掛けるのは「少年隊」の錦織一清(55)。昨年末にジャニーズ事務所を退所後、初の作品となる。前川をはじめキャスト7人を熱心に指導をしながら、得意のオヤジギャグを連発、笑いが絶えなかったという。前川は「ギャグはグサグサ刺さっていましたし、質問をさせていただいても真摯(しんし)に答えてくださりつつ、笑わせてくれて、楽しい時間でした」と振り返った。
 錦織も「若い人と一緒にやらせていただいて、人生で一番楽しい。僕にもつい最近まで若い(ジャニーズの)後輩達がたくさんいたのですが、ほぼ同年代の前川さんとか後輩とか、若い人たちのパワーとか優しさを勉強させてもらうことが多くて感謝しています」と語った。同所で13~21日。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ