本文へ移動

リーダー坂本7月で50歳 V6森田剛の退所意向が“定年制”引き金…6人の前向きさが伝わる解散発表

2021年3月13日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
V6解散へ

V6解散へ

◇記者の目
 アイドルグループ「V6」がデビュー記念日の11月1日をもって解散することが12日、所属するジャニーズ事務所から発表された。昨年のデビュー25周年を契機にメンバーが今後について何度も話し合い、森田剛(42)が退所の意向を示したため「この6人でなければV6ではない」と一致した。解散後、森田は事務所から独立し、メンバーであるグループ内ユニット「Coming Century」(カミセン)も活動終了となる。ほかのメンバーは個人活動を継続する。
◇  ◇  ◇
 電撃的ではあったが、メンバーの前向きな姿勢がひしひしと伝わる解散発表だった。最年少の岡田が昨年11月に40歳を迎え、リーダーの坂本は今年7月に50歳となる。アイドルに定年制はないが、森田の退所意向がその“引き金”を引いたともいえる。
 井ノ原は昨年のデビュー25周年記念配信ライブの際、「年がこんなにバラバラなのに、ばっちりハマる瞬間が25年の間で何度かあった。ジャニーさん(故ジャニー喜多川社長)という人に選ばれてここにいるのが、奇跡のようなグループだと思う」と語っていた。
 確かに奇跡なのかもしれない。ひとりも欠けることなく、これまで活動を続けてきたことを心からリスペクトしたい。
 体力的にもまだ続けられるだろうし、メンバーは相変わらず仲良しで絆も深い。応援してくれるファンのことを考えれば苦渋の決断だったに違いないが、近年グループ活動が減っていたことも事実。昨年はコロナ禍で25周年記念ツアーを断念したものの、全国ツアーは2017年以降開催されていなかった。6人そろってのテレビ出演もレギュラーはなく、年に1度TBS系「愛なんだ」の特番や年末のジャニーズカウントダウンライブで集まる程度だった。
 一方で坂本はミュージカル俳優として一流の域に達し、岡田もアクション作品を中心に演技力が高く評価されている。井ノ原はテレビ朝日系刑事ドラマシリーズ「特捜9」に主演を続け、かつて記者に「舞台には出たくない」とこぼしていた森田も今や立派な舞台役者に。長野も三宅もドラマや舞台での活躍を続けている。
 そして、メンバー6人中4人が女優と結婚し家庭を持ったことは、ファンが疑似恋愛をする対象でもあるアイドルとしての存在意義をそれぞれが見つめ直すきっかけにもなっただろう。遅かれ早かれ、次のステップを考えるのはごく自然な流れだったと思う。
 V6は1995年11月1日に国立代々木競技場第一体育館でデビューイベントを開催。10周年と20周年、昨年の25周年のデビュー記念日にその“聖地”に立った。今年の11月1日もぜひ同所でラストライブを行い、悔いを残さず完全燃焼してほしい。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ