本文へ移動

「五輪代表補欠の責任」小原怜 自己ベスト2時間23分20秒の更新目指す【名古屋ウィメンズマラソン】

2021年3月12日 19時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋ウィメンズマラソンを前に、記者会見する小原怜

名古屋ウィメンズマラソンを前に、記者会見する小原怜

◇12日 名古屋ウィメンズマラソン出場選手記者会見(名古屋市)
 松田と同じく東京五輪マラソン女子代表の補欠となっている小原怜(天満屋)は、「その責任があるから頑張れてきた。(五輪本番で)走るか走らないかは分からないが、しっかり準備していくのが自分の責任だと思う」と語った。補欠の役割を全うするためにも、今大会で凡走はできない。「やってきたことに対する意地がある。自己ベスト(2時間23分20秒)を更新したい」と意気込んだ。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ