本文へ移動

V6が11月1日で解散 森田剛はジャニーズ退社し独立…トニセンは存続、カミセンは活動終了

2021年3月12日 16時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャニーズ事務所

ジャニーズ事務所

 アイドルグループのV6が11月1日で解散することが12日、所属のジャニーズ事務所から発表された。
 1995年に「バレーボールワールドカップ」のイメージキャラクターとして結成され、同年11月1日にCDデビューした。メンバーの森田剛(42)は今年11月1日以降、ジャニーズ事務所を退社して独立。坂本昌行(49)、長野博(48)、井ノ原快彦(44)、三宅健(41)、岡田准一(40)の5人は引き続き、同事務所に所属し、個人で活動していく。
 グループの解散についてメンバーは6人の連名で「僕たちは2019年春ごろから自分たちの人生について深く話し合うようになりました。何度も6人だけで話し合いを重ね、それぞれが1人の男として大きな決断をすることになりました。この決断は後ろ向きなものではなく、僕たちがより成長し、次のステップに進むためのものです」とのコメントを出した。
 グループの方向性などを話し合う中で、「ジャニーズ事務所を離れた環境で役者としてチャレンジしたい」という森田の発言が契機になり、グループの存続を含めた話し合いを続けていたという。
 また、V6グループ内のユニット、20th Century(メンバーは坂本、長野、井ノ原)は今後も存続。Coming Century(メンバーは森田、三宅、岡田)はV6の解散とともに活動を終了する。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ