本文へ移動

藤井聡太二冠10勝0敗で順位戦B級2組フィニッシュ 21連勝で“鬼のすみか”1組へ「いい形で終えられた」

2021年3月11日 00時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤井聡太

藤井聡太

 将棋の藤井聡太二冠(18)=王位・棋聖=は10日、大阪市の関西将棋会館で指された第79期順位戦B級2組最終11回戦で中村太地七段(32)を127手で破り、10勝0敗でフィニッシュした。昇級は10回戦終了時に決めていたが、これで順位戦での連勝を21まで伸ばし、「鬼のすみか」とも呼ばれるB級1組参戦へ向け弾みをつけた。
 対局後、全勝で昇級に花を添えたことについて聞かれ「最終局は来期にもつながるので、いい形で終えられた」と答えた藤井二冠。順位戦の通算成績を39勝1敗としたことについては「持ち時間の長い順位戦は自分に合っている。来期も1局1局全力を尽くしたい」と力強く語った。
 盤上は先手・藤井二冠の注文を中村七段が受けて立ち、相掛かりに。夕食休憩後も互角の形勢が続く見応えのある戦いとなったが、最後は手厚いの指し回しから主導権を握った藤井二冠が押し切った。消費時間は両者とも6時間を使い切って1分将棋に。終局は午後11時36分だった。
 最年少名人記録は谷川浩司九段(58)が持つ21歳2カ月。藤井二冠にはこれを上回るチャンスが残されているが、それにはA級までノンストップで駆け上がり、A級1期目で挑戦権を得て奪取する必要がある。負けられない戦いが続く。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ