本文へ移動

ナガシマ、自家発電設備を増強 ガス燃料、避難所に活用も

2021年3月10日 05時00分 (3月10日 12時22分更新)
導入した発電機。化石燃料の中ではCO2排出量が最も少ない天然ガスを用いる=桑名市長島町浦安で

導入した発電機。化石燃料の中ではCO2排出量が最も少ない天然ガスを用いる=桑名市長島町浦安で

  • 導入した発電機。化石燃料の中ではCO2排出量が最も少ない天然ガスを用いる=桑名市長島町浦安で
  • ナガシマスパーランド内の発電機を備えた施設。3階建てで1階は備蓄倉庫に用いる=桑名市長島町浦安で
 桑名市の長島観光開発が、運営するナガシマリゾート内にガスの自家発電設備を導入した。既にある設備と合わせ、最も電力使用の多い夏場を自前で乗り切れる計算。リゾートの一部施設は市の避難所に指定されており、大規模災害で外部からの電気の供給が止まっても、できるだけ不自由なく過ごせる環境を整える狙いがある。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧