本文へ移動

農福連携事業で「アグリトリオ」が最優秀 東三河ビジネスコンテスト

2021年3月10日 05時00分 (3月10日 11時24分更新)
一般事業部門で最優秀を獲得したアグリトリオの石川代表(左)らメンバー

一般事業部門で最優秀を獲得したアグリトリオの石川代表(左)らメンバー

  • 一般事業部門で最優秀を獲得したアグリトリオの石川代表(左)らメンバー
  • アイデア部門の最優秀に輝き、サイエンス・クリエイトの稲葉俊穂常務(上)から表彰される事業構想大学院大の中村さん(下)
 東三河地域の独創的な新事業に贈られる本年度の「東三河ビジネスプランコンテスト」の受賞者が決まった。一般事業部門では、農家と福祉事業者との就業マッチングサービスを手掛けるスタートアップ企業「アグリトリオ」(豊橋市植田町)が最優秀に輝いた。アイデア部門では、展示機会が少ない博物館の文化財をシェアするサービスを考えた事業構想大学院大の中村萌さん(27)=名古屋市=が選ばれた。 (酒井博章)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧