本文へ移動

【愛知】コロナ困窮者への国貸し付け金、県社協が基準緩和せず減額

2021年3月10日 05時00分 (3月10日 09時14分更新)
 県は九日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で困窮している人に特例で生活費を貸し付ける国の「総合支援資金」について、貸し付け業務を担当する県社会福祉協議会が、審査基準の緩和を求めた国の通知に従わず従来通りの基準で審査し、約三千三百人の申請を減額したり却下したりしていたと明らかにした。県は「福祉的な配慮に大きく欠ける」として改善を指導。県社協は追加の貸し付けなどの救済措置を設けるとしている。
 県議会二月定例会の議案質疑で、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報

愛知の新着

記事一覧