本文へ移動

「福島復興に今後も貢献」 派遣の津島市職員が思い語る

2021年3月10日 05時00分 (3月10日 09時14分更新)
津島市から被災地へ派遣された横山さん(左)と鈴木さん=津島市役所で

津島市から被災地へ派遣された横山さん(左)と鈴木さん=津島市役所で

 津島市は東日本大震災からの復興を支援するため、二〇一三年から五年間、福島県の被災地へ計六人の職員を派遣した。現地を離れてからも、被災地を忘れず、経験を津島で生かしたいと模索する職員たちが、震災から十年を前に思いを語った。
 (深世古峻一)
 危機管理課の鈴木貴久さん(28)は...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報