本文へ移動

【サッカー】森保監督がJ1開幕3戦4発の38歳・大久保を大絶賛「ストライカーとして素晴らしい」代表入り「ひょっとしたら…」

2021年3月9日 18時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC東京―C大阪 前半、先制ゴールを決め喜ぶC大阪・大久保(中)

FC東京―C大阪 前半、先制ゴールを決め喜ぶC大阪・大久保(中)

 サッカー日本代表の森保一監督(52)が9日、オンラインで取材に応じ、J1で開幕3戦4発と再ブレーク中の元日本代表FW大久保嘉人(38)=C大阪=に関して「すごく注目している。ゴールに向かう気持ちが非常に貪欲でストライカーとして素晴らしい」と大絶賛した。
 特に3日の川崎戦(等々力)での25メートルミドル弾に触れ、「あの弾道のシュートはなかなか見ることができない。驚きだった。守備の外し方、相手を外す動き、シュートの質は素晴らしい」と最上級の評価を与えた。
 日本代表の最年長出場記録は1954年に川本泰三(大阪クラブ)がマークした40歳106日。同得点記録は93年ラモス瑠偉(V川崎)の36歳85日。「経験のある選手は突然、招集しても力を発揮できる。ひょっとしたらあり得るかなということで常に見ている」と指揮官。6月に39歳を迎える大久保が、再び日の丸を背負う日が来るかもしれない。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ