本文へ移動

<ちた特報 ニュースのつぼ> 常滑市、税収減穴埋めに「基金」提案

2021年3月9日 05時00分 (3月9日 10時49分更新)
常滑市の財政運営を支える市営のボートレースとこなめ=常滑市新開町で

常滑市の財政運営を支える市営のボートレースとこなめ=常滑市新開町で

  • 常滑市の財政運営を支える市営のボートレースとこなめ=常滑市新開町で
 常滑市の財政運営で、経営が好調なボートレースとこなめの存在感が高まっている。市が競艇の企業会計の一部を一般会計に活用する金額は近年、年間四億円だったが、新型コロナウイルスの影響で急減した税収の穴埋め策として、市は今後、年間五億〜六億円に増額する方針だ。競艇の貢献を分かりやすく発信するため、市は新たに「ボートレースまちづくり基金」を創設し、使い道を示しながら活用する。 (成田嵩憲)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報