本文へ移動

手軽に狙えて味もいいイシモチ! 浦安「岩田屋」から出船

2021年3月9日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女性でも簡単に釣れちゃいます。なかなかの良型ですね〜

女性でも簡単に釣れちゃいます。なかなかの良型ですね〜

  • 女性でも簡単に釣れちゃいます。なかなかの良型ですね〜
 「イシモチリクエスト頂きました!!」引きが強くておいしくて、しかも手軽に釣れちゃう優秀ターゲットのイシモチ君。ゲストで釣れてくると人気があるのに、なぜか主役になれないでいる。久しぶりに千葉県浦安市の「岩田屋」が乗合船を出すと聞き、早速出掛けてみたところ、やっぱり簡単に釣れちゃいました! やっぱり彼は釣り人の強い味方であります。 (中日釣ペン 竹川啓二)

◆平日3人から「どんどんリクエストして」

 高級カマボコや練り物の主材料として使われるだけに味の良さは保証付き。シロギスやアジ釣りのゲストとして登場すると本命より喜ばれることも多く、まさにいぶし銀の名脇役。知れば知るほど魅力的なイシモチ君である。
 「釣り方は簡単だし食べてもおいしい魚。初心者の方でも手軽に楽しめますからファミリーフィッシングにも最適ですね。どんどんリクエストしてください」とは岩田一人船長。基本はアジとリレーで平日は3人から。休日も要望が多ければ考慮するとのことだ。
 釣り場はイシモチ銀座とも言える本牧沖から横浜沖一帯が江戸前出船の主な釣り場。水深20メートル前後と浅くお手軽だ。

◆2本針が基本 餌はアオイソメ

<タックル&仕掛け> 図を参照。竿は1・8〜2・4メートル前後のエビメバル竿やゲームロッドなど。軟らかめのキス竿なども流用可。オモリ負けする感じの軟らかめが食い込みも良くオススメだ。
 リールは両軸タイプが基本だがスピニングでもノープロブレム。道糸はPE1号前後で先糸にナイロン2〜3号を2メートル以上つなげておくとさらに食い込みが良くなる。江戸前はタナがベタ底だから2本針が基本。
 餌はアオイソメで5〜8センチにカットして2、3本の房掛けにする。

◆タナはベタ底 聞きアワす!

<釣り方> 仕掛けが底に着いたら素早く糸フケを取り、オモリが底に着いた状態で後はアタリを待つのみ。時折底ダチを取り直せば万全。アタリはガガガッっと竿先をたたくように激しく来るので、まず見逃すことはない。むしろビックリアワセに注意しよう。
 ゆっくり聞きアワセするように竿を立てていき、重量感が伝わればリーリング開始。イシモチは群れで動き回っているので追い食いを待ってみるのも得策だ。

◆おいしく食べるには血抜きで臭み取る

 釣れたイシモチは血抜きしておくと血などの臭みも少なくなりさらにおいしくなる。ヒレの付け根をカットして中の白い突起物もハサミなどで切ればOK。大きめのキッチンバサミなどを使えば同時にカットできて簡単。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ