本文へ移動

【楽天】9日OP戦先発の岸「ありがたいし助かる」静岡・草薙球場のマウンド改良 本拠地仕様の硬さに

2021年3月8日 15時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽天・岸孝之

楽天・岸孝之

 楽天の岸孝之投手(36)が8日、先発が予定されている9日のロッテとのオープン戦(静岡・草薙球場)を前にオンライン取材に応じた。オープン戦9試合が予定されている同球場は、本拠地・楽天生命パークと同じ仕様のマウンドに改良され、本格的にシーズンを見据えた調整となる。
 本拠地と同じ環境でプレーできることについて、岸は「ありがたいし、助かります。この時期にこの硬さに慣れていくことはいいと思う」と歓迎。キャンプ地だった沖縄は地方球場特有の柔らかいマウンドだった。開幕までほとんど仙台での練習がない楽天投手陣にとっても、本拠地同様の硬いマウンドに触れる貴重な機会だ。
 「マウンドが仕事場なので、その感覚は常に大事にしたい。僕は硬い方が足に負担がきます」と岸。36歳の右腕がシーズンをにらみ、最終調整に全力を傾けていく。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ