本文へ移動

コロナ独自対応で多数死者、スウェーデンの今

2021年3月8日 16時00分 (3月8日 16時00分更新)
2020年6月、各国が都市封鎖を行う中、スウェーデンのイエーテボリのバーは多くの客でにぎわった=近藤浩一さん撮影

2020年6月、各国が都市封鎖を行う中、スウェーデンのイエーテボリのバーは多くの客でにぎわった=近藤浩一さん撮影

  • 2020年6月、各国が都市封鎖を行う中、スウェーデンのイエーテボリのバーは多くの客でにぎわった=近藤浩一さん撮影
  • 近藤浩一さん=本人提供
 世界中でまん延した新型コロナウイルスへの対応を巡り、各国の特性が浮き彫りになった。中でも、多数の感染者によって社会的な抗体を作る「集団免疫」を目指したスウェーデンは異色だった。欧米の主流だった厳しい都市封鎖を拒絶し、多くの死者を出した。高福祉国家のイメージがある同国で、何が起きていたのか。現地在住の日本人が語った。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報