本文へ移動

ガラス、陶芸 ニャンと美しい 金沢 作家8人、ネコ題材に展示

2021年3月7日 05時00分 (3月7日 11時46分更新)
ネコを題材にした作品が並ぶ会場=金沢市兼六町のいしかわ生活工芸ミュージアムで

ネコを題材にした作品が並ぶ会場=金沢市兼六町のいしかわ生活工芸ミュージアムで

 ネコをテーマにした作品の企画展「こっそり猫展」が、金沢市兼六町のいしかわ生活工芸ミュージアムで開かれている。二十二日まで。
 ガラス工芸や陶芸などさまざまな分野の作家八人が、ネコを題材に制作した百九十六点が並ぶ。
 九谷焼の丸皿には、緑や黄色などの五彩を用いた古典的な色使いでネコを表現。コップにネコの顔のシルエットをあしらったガラス作品なども目を引く。
 担当者は「工芸に興味のない人でも、かわいらしいネコの作品が待っているのでぜひ」と来場を呼び掛けている。開館は午前九時〜午後五時(最終日は午後三時まで)。木曜休館。入場料は十八歳以上二百六十円、十七歳以下は百円、未就学児は無料。(西浦梓司)

関連キーワード

おすすめ情報