本文へ移動

中日・根尾、マー君との初対決はニゴロ 9番レフトで先発出場

2021年3月6日 16時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回裏1死、根尾が二ゴロに倒れる。投手田中将

5回裏1死、根尾が二ゴロに倒れる。投手田中将

◇6日 オープン戦 中日―楽天(バンテリンドームナゴヤ)
 中日の根尾昂内野手(20)が「9番・左翼」で先発出場。5回の第2打席で、楽天の2番手・田中将大投手と初対戦し、二ゴロに封じられた。
 日米通算177勝投手との対戦は5回1死走者なしの場面で巡ってきた。2ボール1ストライクから速球を2連続でファウルでかわし、6球目、低めのスプリットに反応したが、平凡なゴロに打ち取られた。
 5日の練習後に根尾は「自分で相手を持ち上げないように。同じ野球選手だと思ってプレーしたい。打ったら評価が上がると思って前向きに打席に立ちたい」と意気込んでいたが、初顔合わせではとらえきれなかった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ