本文へ移動

法大エース・三浦銀二、DeNA2軍に奪三振ショー 4イニングで6連続含む7K、スカウト高評価

2021年3月5日 19時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNA2軍戦に登板した法大・三浦銀二投手

DeNA2軍戦に登板した法大・三浦銀二投手

 東京六大学野球の法大のエース三浦銀二投手(3年・福岡大大濠)が5日、横須賀スタジアムで行われたDeNA2軍との練習試合に先発し、9球団のスカウトの前で奪三振ショーを演じた。序盤にソロ本塁打を浴びたものの4イニングを1安打1失点、6連続を含む7奪三振の快投。「プロ選手と対戦するのは初めてだったので、めちゃくちゃ緊張した。真っすぐで空振りが取れたのは自信になりました」
 DeNAはもちろん、巨人、中日など9球団のスカウトが視察。1回1死、プロ4年目で1学年上の山本に内角直球を左翼席に運ばれ、「そこを打つかという感じ…。この一発で冷静になれた」。2回からは148キロもマークした直球を軸に慎重に攻め、3回には山本から直球で空振り三振を奪って雪辱。巨人の榑松スカウト部次長は「真っすぐの質がいい。完成度が高い」と評価した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ