本文へ移動

中国でも注目度高い“愛ちゃん事件”…ネット市民はエール「彼女はDVに苦しんできた。謝罪の必要なんかない」

2021年3月5日 13時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
福原愛さん

福原愛さん

 “愛ちゃん事件”が中国本土にも波及している。中国人民政治協商会議のメンバーで、中華全国婦女連合会のチュイ・ユ元副会長は「公安局は(警察への)110番通報の中でも家庭内暴力(DV)をリストアップし、詳細を把握するべきだ」と提案した。公安局は反DV法を施行、推進している。5日の中国紙、環球時報(英語版)が報じた。
 同紙は「今回の提案は、多くの中国のネット市民に歓迎されている。多くの人々は、これを日本の卓球界のスター、福原愛さんのDV報道に結び付けている。福原さんは離婚がうわさされる中、木曜日(4日)に謝罪文を公開した」と報道。同紙によれば、中国版ツイッターの微博では、検索記号#(ハッシュタグ)付きの「日本メディア、(夫の)江宏傑が福原愛さんに言葉の暴力と報道」が270万ビューを、「福原さんが謝罪文を発表」が450万ビューを記録した。
 同紙は、微博での「私たちはみんな、愛ちゃんを支持する。彼女はDVに苦しんできた。謝罪の必要なんかない」との書き込みを紹介し、中国でも注目度が非常に高いことを伝えた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ