本文へ移動

若年性認知症の当事者が語る場を  県民フォーラムで設置 県議会

2021年3月5日 05時00分 (3月5日 12時43分更新)
 大村知事は六十五歳未満で発症する若年性認知症の人の社会参加を応援するため、毎年開催している認知症県民フォーラムで、二〇二一年度は新たに、当事者が自身の体験や将来の希望を語る場を設けることを明らかにした。山下議員の質問に答えた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧