本文へ移動

春の日差し ハチ上機嫌 福井・道の駅  きょう啓蟄 

2021年3月5日 05時00分 (3月5日 10時02分更新)
青空の下、菜の花の周りで蜜を求め飛び回るハチ=4日、福井市の一乗谷あさくら水の駅で(蓮覚寺宏絵撮影)

青空の下、菜の花の周りで蜜を求め飛び回るハチ=4日、福井市の一乗谷あさくら水の駅で(蓮覚寺宏絵撮影)


 五日は二十四節気の一つ「啓蟄(けいちつ)」。土の中で冬ごもりしていた虫がはい出るころとされる。福井市安波賀中島町にある道の駅「一乗谷あさくら水の駅」内の畑では四日、日差しを浴びた黄色い菜の花の周りをハチが飛び交い、春の訪れを感じさせる光景が広がっていた。
 福井地方気象台によると、四日の最高気温は坂井市三国で一七・五度を観測し、四月下旬並みの暖かさに。美浜でも一五・七度と四月上旬並みとなった。五日以降も平年より気温の高い日が続くが、気圧の谷の影響で雲が多くなり、八日ごろまでぐずついた天気となる見込み。 (成田真美)

関連キーワード

おすすめ情報