本文へ移動

湖西市の前向花畑で菜の花が見頃

2021年3月5日 05時00分 (3月5日 05時03分更新)
見頃を迎えた菜の花=湖西市の前向花畑で

見頃を迎えた菜の花=湖西市の前向花畑で

 湖西市新所と岡崎にまたがる前向花畑で、一万平方メートルの区画に植えられた一面の菜の花が見頃を迎えている。今月中旬ごろまで楽しめ、近くを走るJR東海道線の電車との共演も見られる。
 花畑を管理するNPO法人ハピネス湖西の菅沼泰久理事長(44)によると、秋の高温の影響で年末ごろから咲き始め、例年より長期間咲き続けている。約一年前に建てたやぐらの近くにも種をまき、花を上から見渡せるようにした。市のふるさと納税で畑の区画のオーナーになった人を紹介する看板三枚も立てられている。
 よく晴れた二月末の日中には、親子連れやカップルらが訪れ、ミツバチや貨物列車が通過する様子とともに写真に収めていた。菅沼理事長は「会員制交流サイト(SNS)で写真が紹介される機会が増え、知名度が上がってきていると感じる」と話していた。 
(鈴木太郎)

関連キーワード

おすすめ情報

静岡の新着

記事一覧