本文へ移動

センバツの入場者は上限1万人で全席指定 アルプス席は試合毎に入れ替え、出場校限定で1校1000人まで

2021年3月4日 21時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
兵庫県西宮市の阪神甲子園球場

兵庫県西宮市の阪神甲子園球場

 日本高校野球連盟(八田英二会長)は4日、第93回選抜高校野球大会(19日開幕、阪神甲子園球場)の入場者数を上限1万人にすると発表した。アルプス席は試合ごとに出場校限定で、1校1000人とされる。
 なお、1試合ごとに入れ替えられるアルプス席以外は、その日に予定されている最大4試合(準々決勝)を含み1日通して観戦できる。
 入場券は8日(月)の午前10時から発売される。新型コロナウイルス感染症対策のため全席前売りの指定席。今回、新型コロナウイルス感染症対策に経費増加、また従来よりも入場者数の減少が見込まれることから、安定した大会運営のために入場料金は値上げされた。
 中央指定席が3900円、一、三塁指定席が3400円、外野指定席が700円。車イス席は全席半額。すべてウェブでの予約となり、球場窓口での発売はない。 

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ