本文へ移動

3.25サッカー日韓戦案に反町技術委員長「ノーコメント」も否定せず…実現なら9年7カ月ぶり親善試合

2021年3月4日 18時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オンラインで取材に応じる日本サッカー協会の反町技術委員長

オンラインで取材に応じる日本サッカー協会の反町技術委員長

 サッカー日本代表が3月25日に韓国代表と横浜で国際親善試合を行う可能性が浮上した。「スポーツソウル」など複数の韓国メディアによると、W杯カタール大会アジア2次予選・日本―ミャンマー戦(日産スタジアム)の延期に伴う代替の強化マッチとして、日本協会が韓国協会に提案し、交渉に入っているという。
 4日の技術委員会後、オンラインで取材に応じた日本協会の反町康治技術委員長(56)は日韓戦の開催可否について「ノーコメント」と否定せず、「できれば強い相手とやりたいと希望している。それは間違いない事実」と慎重に語った。
 日韓戦が実現すれば、2019年12月の東アジアE―1選手権(釜山・0●1)以来1年3カ月ぶり。親善試合では11年8月の対戦(札幌・3○0)以来、実に9年7カ月ぶりとなる。
 ただ、新型コロナの水際防止策として、韓国でも厳格な隔離政策が講じられ、現行のルールでは韓国代表の選手たちは帰国後、例外なく一定期間の隔離を余儀なくされるなど障壁は多いという。
 日本代表は30日にW杯アジア2次予選・モンゴル戦(千葉・フクダ電子アリーナ)を控えている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ