本文へ移動

透明度を自由自在 凸版印刷滋賀工場の最新フィルム 近江鉄道八日市駅に

2021年3月4日 05時00分 (3月4日 15時31分更新)
調光フィルムにより曇りガラスのようにもなる=東近江市の近江鉄道八日市駅で

調光フィルムにより曇りガラスのようにもなる=東近江市の近江鉄道八日市駅で

  • 調光フィルムにより曇りガラスのようにもなる=東近江市の近江鉄道八日市駅で
  • キャラクターの絵や「ようこそ東近江市へ」との文字が見えるフィルム=東近江市の近江鉄道八日市駅で
 近江鉄道八日市駅(東近江市)のギャラリーを囲むガラスに、透明度を自在に操れる特殊な調光フィルムが貼られている。市内の凸版印刷滋賀工場の製品で、市の玄関口を地場の最新技術が彩っている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報