本文へ移動

J1名古屋残留へ34歳のベテラン千葉がサポータに訴えた「一丸」 残り5試合「結果で証明するしかない」

2019年10月22日 21時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
仙台戦後、拡声器を使ってサポーターと話す名古屋・千葉(中)

仙台戦後、拡声器を使ってサポーターと話す名古屋・千葉(中)

 クラブ、後輩、サポーター全てを思う気持ちが、とっさに拡声器を握らせた。パロマ瑞穂スタジアムのゴール裏が騒然となった19日の仙台戦後。やまない怒号の中、この日出場機会がなかったチーム最年長34歳のDF千葉が前に立った。
 普段冗舌な男は、時おり言葉につまりながら「一丸」を訴えた。取材エリアでは「結果が全ての世界なので、批判は当然。試合に出た選手は僕よりもっと悔しいはず。うまく言えなかったけど、結果で証明するしかない」。今季は出場1試合のみ。J1で349試合出場のベテランが主力とは言えない立場で矢面に立つ覚悟は計り知れない。
 「結果が全て」という言葉は、チームに向けてだけでなく自分自身へのものでもあったはずだ。泣いても、笑ってもシーズンは残り5試合。背番号5の熱き思いを、J1残留へとつなげたい。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ