本文へ移動

【ロッテ】藤原には負けん!! 同期の山口航輝が「4番一塁」でタイムリー二塁打含むマルチ安打

2021年3月2日 16時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
勝ち越し二塁打を放ったロッテの山口航輝外野手

勝ち越し二塁打を放ったロッテの山口航輝外野手

◇2日 オープン戦 オリックス―ロッテ(京セラドーム大阪)
 1軍デビューを目指すロッテのプロ3年目、山口航輝外野手(20)が2日、今季初のオープン戦となるオリックス戦に「4番・一塁」でスタメン出場し、7回に一時は勝ち越しとなるタイムリー二塁打を放った。
 5―5の同点に追い付かれて迎えた4打席目だ。無死一塁でオリックスの3番手左腕山田の初球、やや高めのストレートを豪快に振り抜き、右中間を深々と破った。4回にも左中間に二塁打を運び、オープン戦初戦でうれしいマルチ安打をマークした。
 2月の練習試合では計10試合で打率3割1分。長打力を買われ、同27、28日の西武との練習試合で4番に起用された。対外試合での4番はこの日を含めて3試合連続。キャンプ中はダイエー(現ソフトバンク)時代に三冠王を獲得した松中信彦臨時コーチの指導を4年目の安田や同期入団の藤原らとともにみっちりと受け、打力にも磨きがかかったようだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ