本文へ移動

【マラソン】川内優輝がギネス世界記録認定 2時間20分以内での完走数「100」が世界最多「50歳まで可能」記録更新に自信

2021年3月2日 15時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
公式認定証を手に笑顔の川内

公式認定証を手に笑顔の川内

 元公務員ランナーの川内優輝(33)=あいおいニッセイ同和損保=の偉業が2日、ギネス世界記録に認定された。マラソンの2時間20分以内での完走数が世界最多の100回に達したため。東京都内で認定式があり、川内は「(元日本代表の)宗猛さんは40歳を過ぎても20分を切っていた。自分も50歳まで可能だと思う」と天井知らずの記録更新を宣言した。
 認定式で公式認定証を手にした川内は「日本で一番速いわけでも強いわけでもないが、コツコツ走り続けてきたことが記録につながった」とあいさつ。今後の競技生活について問われると「生涯現役。記録も2時間6分30秒くらいは狙える」とにこやかに語った。
 川内は2009年からマラソンを走り始め、2020年12月の防府読売で2時間20分切りが100度に到達。通算109度目のマラソンとなった2月28日のびわ湖毎日では、8年ぶりの自己ベストとなる2時間7分27秒の自己ベストをマークしている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ