本文へ移動

<WE LOVE ジモスポ> 森越さん、名城大硬式野球部のコーチ就任 中日などでプレー

2021年3月2日 05時00分 (3月2日 05時00分更新)
 プロ野球中日ドラゴンズや阪神タイガース、埼玉西武ライオンズで内野手としてプレーした森越祐人さん(32)=写真、稲沢市出身=が一日、母校の名城大硬式野球部のコーチに就任した。
 二〇一〇年に中日からドラフト指名を受け、昨季限りで西武を退団した森越さんは、堅実な守備で高い評価を受けていた。同校では野手の総合コーチとして守備や打撃を指導する。森越さんは「プロ野球で十年間プレーした経験を生かし、基本や準備、何より野球全般に対する心構えの大切さを伝え、リーグ優勝、全国制覇できるよう頑張っていきたい」と意気込んでいる。
 同校硬式野球部では元中日投手の山内壮馬さん(35)がヘッドコーチを務める。昨秋のドラフトでは、大学時代に山内さんの指導を受け、トヨタ自動車に進んだ栗林良吏投手=愛西市出身=が広島東洋カープから一位指名を受けた。
 安江均監督は「森越氏の育成指導が学生の成長の力強い支援になると確信している。山内コーチとの連携も密に、全体の底上げを図りたい」としている。 (吉光慶太)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧