本文へ移動

明石家さんまプロデュース映画に大竹しのぶが参戦 1992年の離婚後1つの作品での共同作業は初めて

2021年3月2日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
予告編のアフレコ収録に臨んだ大竹しのぶ(左)とプロデューサーの明石家さんま

予告編のアフレコ収録に臨んだ大竹しのぶ(左)とプロデューサーの明石家さんま

 お笑いタレントの明石家さんま(65)が初めてアニメ映画をプロデュースした「漁港の肉子ちゃん」(渡辺歩監督)の主人公の声優を、さんまの前妻で女優の大竹しのぶ(63)がつとめることが1日、分かった。公開日は6月11日に決定した。
 直木賞作家・西加奈子さんの同名ベストセラーで、漁港の船に住む母娘、肉子ちゃんとキクコの軌跡と成長を描く。大竹は生まれつきのポジティブな性格で、周囲をハッピーにする才能にあふれる母・肉子ちゃんを演じる。
 さんまと大竹は1992年に離婚。以後、テレビ番組などでの共演はあるが、1つの作品での共同作業をするのは初めて。さんまは「仕事としてお願いするからには(大竹に)正式なルートで依頼してねと伝えたんです。(オファーを)受けてくれてありがたい。頼りにしております」。
 大竹は、「さんまさんは、本当に人が笑っている顔を見るのが好きなんだなぁとしみじみ思いました。だから、この映画を作ったんだなと。そこを壊さないよう、みんなにきちんと幸せを届けられるよう頑張ります」とコメントを寄せた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ