本文へ移動

電撃トレード…巨人・田口麗斗「ジャイアンツでの7年間は、非常に濃い時間でした」ヤクルト・広岡大志と交換

2021年3月1日 14時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
巨人・田口(左)とヤクルト・広岡がトレードに

巨人・田口(左)とヤクルト・広岡がトレードに

 巨人・田口麗斗投手(25)とヤクルト・広岡大志内野手(23)の交換トレードが両球団の間で合意に達し、1日に発表された。
 広島新庄高から2014年に巨人入りした田口は、16年から2年連続2桁勝利。19年は主に中継ぎとして55試合に登板。昨季は26試合に登板し5勝7敗1セーブ、26ホールドで防御利は4・63。ローテーションの一角を目指していた今季は1軍の宮崎キャンプでスタートしたが、2月3日に右太ももの張りを訴えて帰京。故障から回復し、現在は1軍を目指して練習しているところだった。
 田口は球団を通じて「ジャイアンツでの7年間は、非常に濃い時間でした。監督、コーチ、仲間たち、スタッフの方たちに助けられて、ここまでやってこられたと思います。ジャイアンツのみなさんには、本当に感謝しています。東京ヤクルトスワローズでも、田口麗斗を応援してもらえるよう頑張ります」とコメントした。
 智弁学園高(奈良)から16年にヤクルト入りした広岡は、長打力もある右の内野手。1軍通算成績は236試合で打率2割1分4厘、21本塁打、54打点。巨人での背番号は「32」に決まった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ