本文へ移動

【ヤクルト】開幕投手にライアン小川 キャンプ手締めで高津監督が発表「勝つ可能性が高いと判断」

2021年3月1日 12時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
開幕投手に決まったヤクルト・小川(中)

開幕投手に決まったヤクルト・小川(中)

◇2月28日 練習試合 ヤクルト3ー4阪神(浦添)
 ヤクルトの小川泰弘投手(30)が28日、2年ぶり5度目の開幕投手に決まった。キャンプ打ち上げの手締めの際に高津監督から発表され、エースは「必ず優勝して、絶対に見返していきましょう」と力強く決意表明した。
 覚悟を持って迎えたプロ9年目だ。オフにはFA権を行使したが、最終的には生涯スワローズを決断。高津監督にその旨を連絡した際には「そのつもりでやってくれ」と開幕投手内々定のエールが送られたという。
 神宮で阪神を迎える3・26開幕戦。小川にとっても特別な試合となる。「相手のエースと戦う」とし、「勝ちきることの難しさも知っていますし、そこをなんとか勝ちきれるように頑張りたい」と表情を引き締めた。
 高津監督が抜てき理由を「勝つ可能性が高いと判断した投手が小川だった」と説明すれば、「1年間外れることなく、投手陣を引っ張っていきたい」とは小川。ここまで2戦で3イニング2/3を1失点と順調に調整を続けている。指揮官の思いに応える舞台へ。自覚を胸に、エースが準備を進める。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ