本文へ移動

聖火リレー「走りますよ。ただし、田んぼで」 立川志らく、皮肉りつつ五輪開催の可能性を疑問視

2021年3月1日 12時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
立川志らく

立川志らく

 落語家の立川志らく(57)が1日、コメンテーターを務めるTBSテレビ系の情報番組「ひるおび!」に出演。東京五輪の聖火リレーで芸能人ランナーの辞退が相次いでいる問題で、自身に代役依頼が来たら承諾する意向を改めて示した。
 今月25日にスタート予定のリレーでは「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳(47)、五木ひろし(72)らが辞退を表明している。志らくは前日の2月28日に出演したフジテレビ系の「ワイドナショー」に続き、「私は頼まれたら走りますよ」と表明しつつ「ただし、田んぼで」と皮肉った。
 また「オリンピックをやるかやらないか、8割近くの世論がよした方がいいんじゃないかっていう中で、喜んでやれる状態じゃない。有名人が走って何のプラスがあるんだ」と指摘。「辞めてく人を非難することはできない」とした上で「まずはオリンピックをちゃんとやるかやらないかを決めてから」と五輪開催の可能性を疑問視した。リレーについては「少なくとも観覧禁止にすりゃ、いいんだけどね」とも加えた。
 番組に出演した八代英輝弁護士(56)も「全部の県を動く必要があるなら、車で聖火が移動すりゃいいんじゃないかと思う。それをネットで皆さんが見ればいい」と提案。現状のままでは「強行に見えてしまう。走る人に申し訳ないものになってしまっている」と批判した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ