本文へ移動

福井の城「見がいある」 春風亭昇太さん、名城展を見学

2021年3月1日 05時00分 (3月1日 05時01分更新)
丸岡城の模型を楽しそうに眺める春風亭昇太さん(右)=福井市のハピリンで

丸岡城の模型を楽しそうに眺める春風亭昇太さん(右)=福井市のハピリンで

 人気テレビ番組「笑点」の司会を務める落語家の春風亭昇太さん(61)が二十八日、福井市のハピリンで開催中の「福井の名城展」(市観光協会主催)を見学した。城めぐりが趣味の昇太さんは、丸岡城(坂井市)の模型などを興味深げに眺めていた。
 この日ハピリンホールで行われた落語独演会に出演する前に、名城展の会場を訪れた。高さ八十センチの木製の丸岡城模型や、朝倉家の家臣が主君義景から贈られた甲冑(かっちゅう)などの展示品を見て回った。
 「福井県内なら丸岡城、佐柿国吉城や一乗谷朝倉氏遺跡に行ったことがある」と昇太さん。特に山城が好きだといい、「玄蕃尾城(げんばんおじょう)跡(敦賀市)はたまんない。福井は(遺構の)残りがいいから、見がいがある」と笑顔で話した。
 「福井の名城展」は丸岡城(坂井市)、越前大野城(大野市)、一乗谷城址(じょうし)(福井市)、金ケ崎城址(敦賀市)、国吉城城址(美浜町)の五つの名城を紹介。城の説明を書いたパネルや丸岡城の城郭模型をはじめ、陣幕、のぼり旗なども並んでおり、福井の名城の歴史を学ぶことができる。
 三月二十一日まで開かれており、二十、二十一日には、本来は現地でしか購入でき...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

福井の新着

記事一覧