本文へ移動

<すいスイっと> (6)@名港水族館 ハナミノカサゴ 「ダンサー」誘惑お断り

2021年3月1日 05時00分 (3月1日 18時05分更新)

ハナミノカサゴ

 花びらのような優雅な胸びれに、褐色のしま模様のボディー。尾びれには斑点も入っているのよ。どう、私のファッションセンスについてこられるかしら。
 大きくひれを広げてゆったり泳ぐさまは、「派手な衣装を振って踊るダンサーみたい」って言われる。けど、派手なこの胸びれで、異性の気を引いてるわけじゃないの。近寄る敵をこれで威嚇するのよ。
 ダイバーのあなた、海で私に出会ったら、背びれにはご用心。先端は針のように鋭くて、毒もあるんだから。もし刺されたら、泳げなくなるほど痛いわよ。よく言うでしょ、「美しいものにはとげがあるって」。
 (写真・中西祥子、文・角雄記)

 ハナミノカサゴ スズキ目フサカサゴ科。岩礁やサンゴ礁のある沿岸の海域にすみ、日本では千葉以南に生息する。似た魚にミノカサゴがいるが、ハナミノカサゴには下顎や尾びれにはっきりした模様があり、見分けがつく。

...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報