本文へ移動

【すみれS】レース前に落鉄、よれて出ても圧巻Vディープモンスター 武豊「若さ残るレースだが3勝目にホッ」

2021年2月28日 18時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
すみれSを制したディープモンスター(中央)=阪神競馬場

すみれSを制したディープモンスター(中央)=阪神競馬場

◇28日 すみれS(3歳・リステッド・阪神・芝2200メートル)
 スタート前に右前脚の落鉄で蹄鉄(ていてつ)を打ち直す形になったディープモンスター(牡3歳、栗東・池江)が、アクシデントを乗り越えて圧巻の走りで差し切り、1番人気に応えた。「3勝目を挙げることができてホッとしました。若さが残るレースではありましたが、これで賞金的にはおそらくクラシックは大丈夫でしょう」と武豊。ゲートをよれて出ながら、最後は鋭い伸び。1勝クラスの梅花賞から2連勝で新星誕生を強く印象付けた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ